「家政婦は見た!」「渡鬼」で個性的脇役、野村昭子さん死去…95歳

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

愛犬と散歩する女優の野村昭子さん(1990年8月撮影)
愛犬と散歩する女優の野村昭子さん(1990年8月撮影)

 俳優の野村昭子(のむら・あきこ、本名・増見昭子=ますみ・あきこ=)さんが1日、自宅で死去していたことが確認された。95歳だった。

 東京都出身。1949年、俳優座養成所に入り、その後、俳優座の舞台などで活躍。黒沢明監督の映画「赤ひげ」にも出演した。

野村昭子さん
野村昭子さん

 66年、NHK連続テレビ小説「おはなはん」の演技で強烈な印象を残した。その後も、テレビ朝日系「家政婦は見た!」シリーズなどに出演、TBS系「渡る世間は鬼ばかり」では料理屋「おかくら」の従業員役など、庶民的な役柄を演じて親しまれた。2011年に第19回橋田賞特別賞を受賞。夫は俳優座の演出家だった増見利清氏(2001年死去)。

スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
3134273 0 テレビ 2022/07/02 20:52:00 2022/07/02 21:53:13 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220702-OYT1I50158-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)