こんなやつが天下を取れるのか…松本潤さん、NHK大河ドラマ「どうする家康」へ抱負

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 来年1月から放送されるNHK大河ドラマ「どうする家康」で主人公の徳川家康を演じる松本潤さんらが1日、名古屋市内で意気込みを語った。

 松本さんは「気弱で、こんなやつが天下を取れるのかというところからスタートし、家臣団に助けられながら成長していく姿を見てほしい。名古屋の暑さが気にならないぐらい、熱い演技をしたい」と語った。酒井忠次役の大森南朋さん、本多忠勝役の山田裕貴さん、石川数正役の松重豊さんも顔をそろえた。

 ドラマは、家康が個性豊かな家臣団を率いて天下統一を果たす生涯を描く。脚本は映画「ALWAYS 三丁目の夕日」「リーガル・ハイ」などを手がけた古沢良太さん。現在、愛知、静岡県などで撮影が行われている。

 制作統括の磯智明チーフプロデューサーは「迷い、考えがぶれながらも、周りに助けられて生き延びていく家康の姿は、若い人たちにも共感してもらえるのでは」と話した。

スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
3136163 0 テレビ 2022/07/03 17:08:00 2022/07/03 17:11:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)