3代目「水戸黄門」役、俳優の佐野浅夫さん死去…「泣き虫」黄門様として独自色

スクラップは会員限定です

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

3代目水戸黄門役の佐野浅夫さん (c)C.A.L
3代目水戸黄門役の佐野浅夫さん (c)C.A.L

 人気時代劇「水戸黄門」の3代目「黄門様」を演じた俳優の佐野浅夫(さの・あさお、本名・浅雄=あさお)さんが6月28日、老衰で死去した。96歳だった。葬儀は家族で済ませた。

佐野浅夫さん
佐野浅夫さん

 横浜市出身。日本大学で演劇を学び、在学中の1943年、劇団苦楽座に入団。戦後は劇団民芸に入り、「どん底」「セールスマンの死」などの舞台で活躍した。

 在団中からテレビでも活躍。60~70年代には、NHK連続テレビ小説「藍より青く」や、TBS系のドラマ「肝っ玉かあさん」などに出演し、下町の実直な父親役に定評があった。

 同局の長寿時代劇「水戸黄門」では、93年から水戸光圀役となり、庶民派の「泣き虫の黄門様」として2000年まで演じた。

 NHKラジオで1954年に始まった子ども向け朗読番組「お話でてこい」でも長年、語り部を担当した。「せん爺さんの太鼓」などの著書がある。

 96年に勲四等瑞宝章を受章した。

スクラップは会員限定です

使い方
「エンタメ・文化」の最新記事一覧
3138291 0 テレビ 2022/07/04 12:13:00 2022/07/04 19:19:43 https://www.yomiuri.co.jp/media/2022/07/20220704-OYT1I50075-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込みキャンペーン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)