文字サイズ

    商業捕鯨の一部再開求めた日本提案否決…IWC

    • IWC総会会場の大型スクリーンに映し出された日本の提案説明(13日、ブラジル・フロリアノポリスで)=園田将嗣撮影
      IWC総会会場の大型スクリーンに映し出された日本の提案説明(13日、ブラジル・フロリアノポリスで)=園田将嗣撮影

     【フロリアノポリス(ブラジル南東部)=園田将嗣】ブラジル・フロリアノポリスで開かれている国際捕鯨委員会(IWC)総会は最終日の14日、商業捕鯨の一部再開などを求めた日本の提案を投票により否決した。投票は、出席国の4分の3以上の賛成で可決される方式で行われ、賛成27、反対41、棄権2だった。反捕鯨国から反対意見が続出し、日本への支持は広がらなかった。

     日本政府の諸貫秀樹・代表代理は、クジラの保護と持続的な利用がIWCの設立理念であることを踏まえ、13日の総会で「資源管理機関として(IWCの)機能を回復したい。日本の提案こそが組織の未来につながる」と訴えた。これに対し、反捕鯨国オーストリアは欧州連合(EU)を代表して反論。豪州も「日本は商業捕鯨再開のために『IWCは機能不全』と主張し、自分たちの意思を通そうとしている」と述べ、反捕鯨国側から拍手が起きた。

    (ここまで381文字 / 残り110文字)
    2018年09月14日 22時14分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP