文字サイズ

    まるでバス、車内でICカード「ピッ」新型車両

    • 公開されたJR西日本の新型車両「227系」(大阪府吹田市で)
      公開されたJR西日本の新型車両「227系」(大阪府吹田市で)

     JR西日本は、桜井線(奈良―高田)と和歌山線(王寺―和歌山)に来春から投入する新型車両「227系」を大阪府吹田市の吹田総合車両所で報道陣に公開した。近畿地方へは初導入となる。

     車体には奈良、和歌山両県の歴史文化や自然を表現した緑色を使った。ワンマン電車のため、車内には運転士が客室の状況を確認するためのカメラや、ICカード乗車券「ICOCA(イコカ)」が利用できるIC改札機を設置している。

     2両編成の計56両を順次、導入し、2020年春には「105系」など現在運行中の車両との入れ替えを完了する。JR西は「安全性を高めつつ、快適で、便利に乗車してもらえるようにした」としている。

    2018年09月14日 18時10分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ