文字サイズ

    ヤマト「空飛ぶトラック」、米ヘリ大手と開発へ

    • 上空から荷物を運ぶ「空飛ぶトラック」のイメージ画像(ヤマトホールディングス提供)
      上空から荷物を運ぶ「空飛ぶトラック」のイメージ画像(ヤマトホールディングス提供)

     ヤマトホールディングス(HD)は12日、「空飛ぶトラック」として上空から荷物を運ぶ無人輸送機の開発に向け、米国のヘリコプター製造大手と基本合意したと発表した。2020年代半ばまでの実用化を目指す。

     ヤマトHDが基本合意を結んだのは、米国に本拠を置くベル・ヘリコプター・テキストロン社。両社によると、無人輸送機は時速160キロ・メートル以上で飛行し、最大約450キロ・グラムの荷物を運べる。

     ベル社が無人輸送機を、ヤマトHDが輸送機に取り付ける荷物の容器をそれぞれ開発する。両社は19年8月までに試作機を作り、試験飛行させる。

     無人輸送機はトラックよりスピードが速く、道路や鉄道網などのルートや渋滞の影響を受けずに荷物を運べるため、コスト削減などにつながると期待されている。運送業界ではトラック運転手などの人手不足が続いており、ヤマトHDは無人輸送機の活用でこうした問題の解消にもつなげる。航空機よりも小口の物流・輸送手段として、国内外への展開も目指す。

    (ここまで427文字 / 残り35文字)
    2018年10月12日 14時00分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ