トランプ氏、原油価格は「もっと低いはずだ!」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

トランプ米大統領
トランプ米大統領

 【ニューヨーク=有光裕】トランプは12日、「サウジアラビアや石油輸出国機構(OPEC)が減産しないことを願っている。供給量を考えれば、原油価格はもっと低いはずだ!」とツイッターに投稿した。サウジやロシアなどの主要産油国が検討している原油の生産量の削減に反対する考えを明らかにした。

 OPECなどは2019年に原油の生産量が過剰になる可能性があるとして、12月の会合で減産を協議する見通しだ。

 週明け12日のニューヨーク原油先物市場で、代表的な指標となるテキサス産軽質油(WTI)の12月渡し価格の終値は、前週末比0・26ドル安の1バレル=59・93ドルだった。終値としては約9か月ぶりの安値。世界経済の先行きや原油の需要減少を警戒し、売られた。

無断転載禁止
49069 0 経済 2018/11/13 17:26:00 2018/11/13 17:26:00 2018/11/13 17:26:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20181113-OYT1I50019-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ