文字サイズ

    老朽化設備で検査不正、日産が15万台リコール

    • ブレーキ検査不正について記者会見で謝罪する日産自動車の本田常務(奥)と平田常務(7日午後、横浜市西区で)=林陽一撮影
      ブレーキ検査不正について記者会見で謝罪する日産自動車の本田常務(奥)と平田常務(7日午後、横浜市西区で)=林陽一撮影

     日産自動車は7日、出荷前に行う完成車の検査で新たな不正が見つかり、国土交通省に対し、13日に約15万台のリコール(回収・無償修理)を届け出ると発表した。昨年9月以降、検査不正が明らかになるのは4度目。一連のリコールの対象は約130万台となる。不正があった主力工場では老朽化した検査設備が使われるなど、品質軽視が否定できない状況も明らかになった。

     リコールの対象は、主力の小型車「ノート」や小型車「マーチ」、電気自動車「リーフ」、受託生産するいすゞのトラック「エルフ」など計11車種。追浜工場(神奈川県横須賀市)とオートワークス京都(京都府宇治市)の2工場で2017年11月7日~18年10月25日にかけて製造された車両が対象だ。

    (ここまで315文字 / 残り828文字)
    2018年12月07日 22時27分 Copyright © The Yomiuri Shimbun
    読売プレミアムに登録された方 記事の続きへ
    未登録の方新規登録へ
    おすすめ
    PR
    今週のPICK UP
    PR
    今週のPICK UP
    大手町モールのおすすめ