ゴーン被告側近、執行役員が辞任…自ら申し出る

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日産自動車は12日、前会長のカルロス・ゴーン被告の側近の一人とされるホセ・ムニョス執行役員が辞任したことを明らかにした。自ら辞任を申し出たという。ムニョス氏は中国事業を担当していたが、ゴーン被告が昨年11月に金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)容疑で逮捕された後、通常業務から外れていた。

 ムニョス氏は以前に北米事業を担当するなど、日産が収益源とする市場を任されてきた。世界各地域の売り上げを統括するチーフ・パフォーマンス・オフィサー(CPO)も務めていた。ムニョス氏のほかにも、人事統括のアルン・バジャージュ専務執行役員が通常業務から外れていることが判明している。

19212 0 経済 2019/01/12 19:04:00 2019/01/21 12:09:00 2019/01/21 12:09:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ