整備新幹線で時速320キロ検討、実現すれば初

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 JR東日本が、東北新幹線の盛岡―新青森間(整備新幹線)で、最高速度・時速320キロでの運転を検討していることがわかった。整備新幹線は時速260キロまでとされており、実現すれば最高速度が引き上げられるのは初となる。

 整備新幹線は建設コストを減らすため、全国新幹線鉄道整備法に基づく整備計画で設計上の最高速度は260キロに抑えられてきた。

 同区間で320キロ運転が実現すれば、東京―新函館北斗間の所要時間が10分ほど短縮できる見込みだ。東北新幹線から直通する北海道新幹線が2030年度中に札幌まで延伸されるのを見据え、時間短縮で航空機に対抗する。

 すでにJR東の主力車両は、東北新幹線の宇都宮―盛岡間で320キロで走行しており、車両側では速度引き上げにも対応できる。JR関係者によると、施設面でも盛岡―新青森の区間では260キロ超の速度で走っても強度上の問題が生じる場所はほぼないとされる。

 320キロ運行の課題は防音だ。速度が上がることに伴って騒音などが増すため、防音壁のかさ上げやトンネル出入り口の設備の改良工事が必要となる。

 また整備新幹線の施設は「鉄道・運輸機構」が所有しており、JR東が高速化を図るには国や同機構との調整が必須だ。国土交通省の関係者は「安全面を含め、幅広い検討が必要になる」と話す。

 JR東は、東北新幹線や北海道新幹線用として30年頃の導入を目指し、360キロで営業運転できる車両「ALFAアルファエックス」の開発を進めている。この車両の開発が順調に進めば、さらなる速度アップにつながる可能性もある。

19908 0 経済 2019/01/15 09:12:00 2019/01/21 12:22:30 2019/01/21 12:22:30 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190115-OYT1I50003-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ