オリオンビール、野村と米ファンドが買収へ

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

オリオンビールの主力「オリオンドラフト」
オリオンビールの主力「オリオンドラフト」

 国内ビール5位のオリオンビール(沖縄県浦添市)が、野村ホールディングス(HD)と米投資ファンドのカーライル・グループに買収される見通しとなった。カーライルが持つ海外企業との豊富なパイプを生かし、成長が見込まれるアジア市場をはじめ海外展開を本格化する。

 野村HDとカーライルはオリオンに対し、不特定多数の株主から株式を買い集める株式公開買い付け(TOB)を行う準備を進めている。野村HDがオリオン株の過半数を握る方向となっており、買収額は数百億円規模になる。現経営陣は留任する見通し。

 オリオンは1957年に創業した。ビール類の国内出荷量に占めるシェア(市場占有率)は0・9%(2018年)にすぎないが、地元の沖縄県では「他メーカーよりも圧倒的に売れている」(関係者)という。18年3月期の連結売上高は283億円だった。

 ただ、主力がビールだけに、近年は他メーカー同様に国内消費者の「ビール離れ」の影響を受けて、売り上げが伸び悩んでいたという。今後の成長に向けて、アジアや米国にビールを輸出するなど、海外での売り上げ増を目指してきた。

 オリオンは野村HDとカーライルの傘下に入ることで、海外展開を一気に加速させる考えだ。両社の強みである海外市場に詳しい人材やノウハウを活用する。

 現在は、02年に提携したアサヒビールが筆頭株主として10%の株式を保有する。オリオンが沖縄県内でアサヒの「スーパードライ」などを生産し、アサヒは県外でオリオンのビールを販売してきた。野村HDとカーライル傘下になった後も、アサヒとの提携は続く見通しとなっている。

56888 0 経済 2019/01/18 20:22:00 2019/01/21 12:38:27 2019/01/21 12:38:27 オリオンビールの主力「オリオンドラフト」 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190118-OYT1I50019-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ