春休みは「引っ越し難民に注意」…運転手が不足

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国土交通省は18日、3月から4月にかけて引っ越しをする人が増えることを受け、ピーク期を避けるよう呼びかけを始めた。トラック運転手の人手不足の影響で、昨年は希望通りの日程で引っ越しができない「引っ越し難民」が社会問題となったため、早めの協力要請に踏み切った。

 国交省や全日本トラック協会によると、今年は3月23日~4月7日が特に混雑すると予想されている。3月16~22日や4月の土日曜も混雑する見込みだ。

 国交省によると、年度の変わり目となる3~4月には進学や就職、転勤などが重なり、特に3月の引っ越し件数は通常の約2倍に達する。一方、トラック運転手の昨年11月の有効求人倍率は2・91倍で、前年より0・32ポイント上昇。今年はさらに深刻な状況となる可能性がある。

56897 0 経済 2019/01/18 20:56:00 2019/01/21 12:38:28 2019/01/21 12:38:28

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ