「中華まんミュージアム」、オープン前から人気

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

中村屋の武蔵工場内に新設された「中華まんミュージアム」(埼玉県入間市で)
中村屋の武蔵工場内に新設された「中華まんミュージアム」(埼玉県入間市で)
「中華まんミュージアム」内に設けられた試食ゾーン
「中華まんミュージアム」内に設けられた試食ゾーン

 総合食品メーカー中村屋武蔵工場(埼玉県入間市狭山台)の中に新設された、無料見学施設「中華まんミュージアム」が25日、オープンする。中華まんの製造工程を見学でき、同工場で製造された肉まんの試食サービスもある。完全予約制で、すでに3か月以上予約が埋まるほどの人気ぶりだ。

 見学コースは「工場見学」や、試食ができる「キッチン」など四つのゾーンで構成されている。「シアター」では、中村屋創業者夫妻が中国で食べた包子パオズをヒントに、初の中華まんを開発して1927年に販売した歴史を映像で学ぶ。「おいしさゾーン」では、中華まんに関連したゲームで遊びながら、工場見学した内容を復習できる。

 見学申し込みは、2人以上で事前に受け付ける。午前と午後の2回、いずれも20人ずつで行う。休館日は水、木曜と年末年始、工場休業期間。ただ予約希望者が多いことから、同ミュージアムでは一部休館日を返上して見学日を追加することを検討している。

 9人以下の予約はインターネットで、10人以上は電話で受け付ける。問い合わせは同ミュージアム(04・2935・1592)へ。

無断転載禁止
57679 0 経済 2019/01/20 10:16:00 2019/01/21 12:48:13 2019/01/21 12:48:13 中村屋の武蔵工場内に新設された「中華まんミュージアム」(入間市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190120-OYT1I50010-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ