ご褒美チョコ、今年も本命…義理用予算の4倍超

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

松屋銀座ではチョコを使った和菓子を職人がその場で作って販売する(東京都中央区で)
松屋銀座ではチョコを使った和菓子を職人がその場で作って販売する(東京都中央区で)

 2月14日のバレンタインデーに向けた商戦が本格化している。職場などの義理チョコの減少で市場が頭打ちとなる中、百貨店などは主に女性が自ら食べるために買う「自分買い」向けの商品や、その場で食べられる「イートイン」コーナーの拡充に力を入れている。

 西武池袋本店は19日に専用の売り場を開設し、イートイン用などに11種類のメニューをそろえた。ソフトクリームが中心だったが、今年はホットチョコレートやチョコプリンなども加えた。

 30日から売り場を設ける松屋銀座は、和菓子職人が客の希望に合わせ、チョコを使った菓子をその場で作る。イートイン・実演販売の売り場面積を昨年の4.5倍に拡大する。

 日本記念日協会によると、2018年のバレンタイン商戦の市場規模は前年比6%減の1300億円と推計されている。一方、松屋銀座が昨年12月に行ったアンケート調査によると、「誰のために購入するか」については「本命チョコ」が36%、「会社関係へ義理チョコ」が35%だったのに対し、「自分へのご褒美チョコ」は62%と最も多かった。予算の平均額も、義理チョコ1033円に対し、自分用は4204円と4倍以上だった。

無断転載禁止
157078 0 経済 2019/01/23 07:16:00 2019/01/24 10:35:52 2019/01/24 10:35:52 松屋銀座ではチョコを使った和菓子を職人がその場で作って販売する(9日、東京都中央区の松屋銀座で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/01/20190123-OYT1I50006-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ