ゴーン被告、ルノー会長辞任へ「障害には…」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【パリ=作田総輝】仏経済紙レゼコー(電子版)は22日、仏自動車大手ルノー会長兼最高経営責任者(CEO)のカルロス・ゴーン被告が自ら辞任する意向だと報じた。ゴーン被告は、「ルノーや、(日産自動車や三菱自動車との)提携関係の障害になりたくない」と話しているという。これに対し、フランスのルメール経済財務相は同日、仏テレビで、「現時点で辞表は受け取っていない」と述べるにとどめた。

 一方でルメール氏は、ルノーの新会長に仏タイヤ大手ミシュランのジャンドミニク・スナールCEOが就任することを支持する考えを表明した。ゴーン被告を交代させる人事案に筆頭株主の仏政府が賛成したことで、ゴーン被告の退任が確実になった。

 ルメール氏は、ルノーの取締役会が24日に開かれることを明らかにし、「スナール氏は素晴らしいルノーの会長になるだろう」と述べた。「会長は長期的な戦略を担当し、CEOは日々の業務を担当する」とも述べ、会長とCEOを分ける案にも理解を示した。仏メディアによると、新CEOには、ゴーン被告の逮捕後にCEO代行になったティエリー・ボロレ氏が就く見通しだ。

無断転載禁止
181674 0 経済 2019/01/23 13:40:00 2019/01/24 10:35:42 2019/01/24 10:35:42

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ