「○○円以上なら一律送料無料」楽天市場が方針

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 楽天は30日、インターネット通販サイト「楽天市場」の送料を、購入額が一定額以上なら一律無料に統一する方針を明らかにした。これまでは、出店者ごとに無料とする基準が異なっていた。送料を含む支払総額をわかりやすくして、利用増を狙う。

 楽天市場の出店者向け講演会で、三木谷浩史会長兼社長が表明した。

 楽天市場には、約4万6000店が出店している。出店者によって配送を委託する業者や運賃が異なるため、送料は出店者がそれぞれ設定している。消費者への調査では「安いと思ったら送料で高くなった」という回答が同業他社より多かったという。

 楽天は今後、出店者の意見を聞いて、送料を無料とする金額の水準などを決める。大型商品や温度管理が必要な商品は除く方針だ。三木谷氏は「送料の統一性がないことが、楽天の最大の弱点だ。今年中にめどをつけたい」と話した。

412492 0 経済 2019/01/30 20:32:00 2019/01/31 10:21:23 2019/01/31 10:21:23

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ