ルネサス、国内最大900人減…海外事業に注力

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 半導体大手のルネサスエレクトロニクスは、国内の従業員を最大900人規模で削減する方針を固めた。成長が見込める海外事業に注力することから、国内の人員体制を見直す。

 削減対象は技術部門や総務、人事などの間接部門を中心に、35歳以上の従業員とする見通し。労働組合と詳細を詰め、6月末を退職日として希望退職を募る予定だ。900人は国内従業員の約8%に相当する。

 ルネサスは2016年以降、米半導体メーカーの買収を立て続けに発表するなど海外事業を強化してきたが、約2万人いるグループ従業員のうち、約6割が国内で働いている。17年12月期の国内売上高比率は42%と、設立初年度の11年3月期の54%から低下した。

 ルネサスは東日本大震災後の経営悪化に伴い、11~15年に計約1万4000人を減らした。今回の削減規模は、15年3月期に最終利益が黒字化してから最大となる。

423811 1 経済 2019/02/05 08:56:00 2019/02/05 09:02:00 2019/02/05 09:02:00

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ