NYダウ終値続落、下げ幅一時380ドル超

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=有光裕】7日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値は前日比220・77ドル安の2万5169・53ドルと続落した。欧州経済の減速や米国と中国の貿易問題への懸念から、下げ幅は一時、380ドルを超えた。

 トランプ米大統領が、追加制裁を発動するかどうか判断する3月上旬までに、中国の習近平シージンピン国家主席と会談しない可能性を示唆した。米中貿易協議で双方の意見の隔たりが大きいとの警戒感から、投資家がリスクの高い株の運用を避ける動きを強めた。

 また、欧州連合(EU)の執行機関・欧州委員会が7日、ユーロ圏の2019年の経済成長率の見通しを大幅に引き下げた。欧州経済の先行き不安から、米国株が幅広く売られた。

 情報技術(IT)企業の銘柄が多いナスダック店頭市場の総合指数の終値は、86・93ポイント安の7288・35だった。

435552 0 経済 2019/02/08 11:06:00 2019/02/08 11:07:20 2019/02/08 11:07:20

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ