[解剖財界]就活編<6>「新卒一括」支えるサイト

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

横並び意識生む面も

殺し文句

 都内の大規模展示場で1月中旬に開かれた主に大学3年生向けの合同会社説明会。帰り際の学生に対し、気に入った企業への投票を呼びかけるスタッフの声が響く。全日本空輸(ANA)、伊藤忠商事に三菱UFJ銀行――。学生による企業の就職人気ランキング上位には、航空会社や大手商社、各業界トップ企業が並ぶ。

 ランキングの高さは、就職先を選ぶ学生や親の判断基準の一つにもなりうる。ある大手メーカーでは、順位を前年より何位上げるかで、人事担当者を評価するという。「会場で学生にアンケートを取るため、数多く説明会に出展すると有利になりますよ」。就職情報サイトの営業マンが企業に合同説明会への出展を呼びかける際の殺し文句だ。

リクルート

 「リクナビ」、「マイナビ」、「キャリタス就活」が就職情報サイトの大手3社。ここ数年は、経団連が定める就活ルール「採用指針」で会社説明会の解禁日となる3月1日に一斉にサイトを開設する。こうしたサイトのみで「エントリー(応募)」を受け付ける企業は多い。就職情報ビジネスは、長く経団連が維持してきた日本型雇用システムの入り口、新卒一括採用を支えるインフラ(社会基盤)となってきた。

 就職・採用活動をビジネスにしたのが江副浩正だ。1960年、いまや売上高2兆円超のリクルートグループを創業した。25歳で創刊した大卒者向けの求人情報誌「企業への招待」は、企業から集めた求人広告だけを掲載し、無料で学生に配布した。

 大学の就職課で企業の求人票を見て応募するのが主流だった就活の手法を、がらりと変えた。電話帳のように分厚い雑誌「リクルートブック」には資料請求用のはがきがつき、就活生は企業に応募するため、せっせとはがきを送った。

 96年には「リクナビ」の前身を開設した。企業から掲載料を集めて採用情報を掲載する事業モデルは同じだ。氏名、大学、学部、住所、電話番号――。学生は購読料は払わず個人情報を提供する。2018年3月の登録者数は約79万人と、就活大学生全体の数を大きく上回る。

簡略化

 パソコン上なら自己PRなどを丸写しする「コピペ」が出来る。応募の簡略化は、安易な応募と隣り合わせだ。就職情報サイト側も積極的に学生に対しエントリーを呼びかける。エントリー数全体が増えれば、情報サイトに情報掲載料を支払って登録する企業の増加が期待できるからだ。

 「50社にまとめてエントリー」。リクナビは14年、学生が一度に多くの企業に応募できるようにしたが、「エントリーをあおっている」との強い批判が起き、文言を差し替え謝罪する事態となった。

 学生の横並び意識を生んでいるとの指摘もある。紳士服店「洋服の青山」池袋東口総本店の就活用品の売り場。並ぶスーツは黒と紺だけで、グレーやベージュといった、社会人のスーツならよく見る色もない。25年間、就活生らに接してきた店長の笠原一晃(49)は苦笑いする。「売れないから黒と紺以外は置かない。学生は保守的だ」

政界工作

 1988年に発覚し、政官財を震撼しんかんさせた戦後有数の疑獄、リクルート事件。江副は官房長官まで務めた藤波孝生や財界人、官僚トップらにグループ企業の未公開株を譲渡した。判決は政界工作の狙いを、当時の就活ルールだった「就職協定」の維持・順守を働きかけるためと指摘した。

 事件の影響で竹下登内閣は総退陣した。ルールが守られなければ、就職情報誌の存続にかかわる。江副の新卒一括へのこだわりが政権を崩壊させた。

 昨年9月、経団連会長の中西宏明(72)が採用指針の撤廃を表明した。就活自由化の布石とされる。グローバル化で学生の職業観や働き方は多様化し、社員のつてを利用する「リファラル採用」も増えている。「ポスト・リクナビ時代」の就活ビジネスもまた変わりつつある。

(敬称略、肩書は当時)

 

[Q]就職情報サイトとは…学生の9割超登録

 Q 就職情報サイトとは。

 A 企業の採用情報が掲載されているウェブサイトで、学生は無料で利用できるものが多い。名前やメールアドレスなどを登録すると、興味のある企業に資料請求や応募ができる。運営会社は合同説明会なども開催している。

 リクルートキャリアが提供する「リクナビ」や、マイナビが運営する「マイナビ」などが有名だ。雇用開発センターが2018年3月卒業見込みの学生に対して行った調査では、学生の9割以上が就職情報サイトに登録していた。

 Q ビジネスモデルは。

 A 企業が支払う情報掲載料が収入の柱だ。大手就職情報サイトの場合、掲載料は数十万円程度からとされる。自社に興味がありそうな学生に絞って情報を配信したり、社員紹介など掲載内容を充実させたりするなど様々なオプションがある。

437195 1 経済 2019/02/09 05:00:00 2019/02/09 05:00:00 2019/02/09 05:00:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/02/20190208-OYT1I50079-T.jpg?type=thumbnail

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ