NYダウ高値、暫定予算案の合意で買い注文

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=有光裕】12日のニューヨーク株式市場で、ダウ平均株価(30種)の終値は5営業日ぶりに上昇し、前日比372・65ドル高の2万5425・76ドルだった。終値としては、12月3日以来、約2か月ぶりの高値となった。

 米連邦政府の暫定予算案を巡る与野党協議が合意に達し、トランプ米大統領は12日に政府機関の一部閉鎖を避けられる可能性があるとの見方を示したため、買い注文が膨らんだ。米政府の暫定予算の期限が15日に迫るなか、市場では、トランプ氏が新しい予算案を受け入れるかどうかに関心が集まっている。

 トランプ氏が12日、3月1日に設定した米中貿易協議の期限を延長する可能性に言及したことも、相場を押し上げる要因となった。

 情報技術(IT)企業の銘柄が多いナスダック店頭市場の総合指数の終値は、106・71ポイント高の7414・62だった。

441271 0 経済 2019/02/13 10:40:00 2019/02/13 11:20:39 2019/02/13 11:20:39

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ