米国債発行に制限、債務上限復活…今後混乱も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=山本貴徳】米政府が発行する国債など借入金の限度額を定めた債務上限が2日、復活した。法律で定めていた上限適用の停止措置の期限が切れたためだ。米政府は自由に国債を発行できなくなる。

 米財務省は1日、地方政府向けの特別国債の発行を停止した。今後もこうした資金枯渇を回避する緊急措置を発動する方針で、政府の運営に当面、支障が出る可能性は少ない。ただ、資金が枯渇するとみられる秋頃までに対応策を決めなければ、米国債のデフォルト(債務不履行)の恐れから、市場が混乱しかねない。

無断転載禁止
470638 0 経済 2019/03/02 22:13:00 2019/03/02 22:13:00 2019/03/02 22:13:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ