銭湯の定番、瓶入り「明治フルーツ」販売終了へ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

販売を終了する「明治フルーツ」
販売を終了する「明治フルーツ」

 明治は、1958年に発売した瓶入りの清涼飲料「明治フルーツ」(180ミリ・リットル入り)の販売を、4月1日の出荷分を最後に終了する。風呂あがりの渇きを潤す銭湯の定番飲料として知られており、リンゴやバナナ、レモンなど6種類の果汁やミルクが入っている。

 明治によると、消費者ニーズの変化で近年は売り上げが減っていた。瓶入りの販売は60年の歴史に幕を下ろすが、ペットボトル入りの同様の商品「フルーツ」を、3月中旬から自動販売機や宅配で発売する予定としている。

無断転載禁止
472601 0 経済 2019/03/04 20:13:00 2019/03/04 22:09:56 2019/03/04 22:09:56 販売を終了する「明治フルーツ」 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190304-OYT1I50041-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ