平成の「なりたい職業」、男子は野球選手が最多

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 第一生命保険は8日、「大人になったらなりたい職業」の平成30年間の調査結果を発表した。年別で最も多く1位になったのは、男の子が「野球選手」(15回)、女の子が「食べ物屋さん」(24回)だった。

 野球選手は、平成元年の1989年から4年連続で首位になったほか、米大リーグで活躍する日本人選手が増えたことなどから、2004~09年にも6年連続で1位になった。Jリーグが開幕した93年からは「サッカー選手」が4年連続で首位を獲得し、2010~16年にも7年連続で1位となった。

 女の子は、食べ物屋さんが1997年から22年連続首位になるなど不動の人気。「お菓子屋さん」も全体の3位に入った。

 最新の18年のトップは男の子がサッカー選手、女の子が食べ物屋さんだった。調査は全国の保育園・幼稚園児と小学生を対象に1989年から毎年行っている。

無断転載禁止
478536 0 経済 2019/03/08 20:49:00 2019/03/09 05:09:11 2019/03/09 05:09:11

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ