JT子会社が更生手続き、「健康被害」訴訟で

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本たばこ産業(JT)は9日、カナダの子会社「JTI―マクドナルド」が、会社更生手続きにあたる企業債権者調整法の適用を同国オンタリオ州上位裁判所に申請し、承認されたと発表した。

 JTIは、同国ケベック州の住民らが「たばこの製造と販売で健康被害を受けた」として起こした訴訟の控訴審で約17・7億カナダ・ドル(約1480億円)の損害賠償を命じられたが、支払い能力を超える。資産差し押さえなどで事業継続が難しくなることを避けるため、同法の適用を申請した。

 JTによると、賠償金のうち前払い金として支払う予定だった約1・5億カナダ・ドル(約120億円)について、当面の間、支払う必要がなくなるため、事業継続が可能になるという。

480069 1 経済 2019/03/10 05:00:00 2019/03/10 22:16:44 2019/03/10 22:16:44

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ