かわいいペンギン60匹、一斉に橋渡る…行列も

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

橋を渡ったり、階段を下りたりするペンギン(南知多ビーチランドで)
橋を渡ったり、階段を下りたりするペンギン(南知多ビーチランドで)

 南知多ビーチランド(愛知県美浜町)で13日、ペンギンとイルカの新しいイベントの公開リハーサルが行われた。

 披露されたのは、ペンギンが専用の橋を渡ったり、階段を下りたりする「橋の上のペンギン」と、色の濃淡を見分けるというイルカの視力を紹介するショー「イロドリ♪ドルフィン」。

 長さ約3メートルの橋を、フンボルトペンギン約60匹が一斉に渡り、階段を下りるかわいらしい姿を、来園者は熱心に撮影していた。イルカショーでは、飼育員が青と白のパネルを使い、色の濃い方を口でつつくように指示。イルカが見事に正解すると、来園者から大きな拍手が送られた。

 飼育員の武沢幸雄さん(36)らは「ペンギンの愛らしい姿や、イルカの能力などを見てほしい」と話した。新しいイベントは16日から7月7日までで、ペンギンの餌やりなどの有料イベントもある。問い合わせは同ランド(0569・87・2000)。

488969 0 経済 2019/03/14 15:07:00 2019/03/14 15:07:00 2019/03/14 15:07:00 橋を渡ったり、階段を下りたりするペンギン(南知多ビーチランドで) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190314-OYT1I50038-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ