開発は日産で三菱自が生産…逮捕後初の新型車

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

日産と三菱自が開発した新型軽自動車(岡山県倉敷市で)
日産と三菱自が開発した新型軽自動車(岡山県倉敷市で)

 日産自動車と三菱自動車は14日、今月中に発売する新型軽自動車を発表した。開発は日産が担当し、三菱自が水島製作所(岡山県倉敷市)で生産を担当している。エンジンの基本設計には仏ルノーの技術を導入した。カルロス・ゴーン被告の逮捕後、初の新型車投入となる。

 発表したのは、日産「デイズ」、三菱自「eKワゴン」の両シリーズの新型で、日産が持つ運転支援機能やハイブリッドシステムを活用し、6年ぶりに全面改良した。日産にとっては1年半ぶり、三菱自は1年ぶりに、国内市場で売り出す新型車だ。

 3社連合は12日に提携を統括する新組織の発足を発表した。14日に、水島製作所で記者会見した三菱自の益子修会長兼最高経営責任者(CEO)は「3社の新しいスタートの2日後に、提携でできた車を発表できてうれしい」と話した。三菱自は、日産デイズの生産も受託することで、工場の生産効率を高めている。

 現行型の2018年の販売台数は、デイズが約14万台、eKが約4万台。合計すると約18万台で、国内販売首位のホンダの軽「エヌボックス」の約24万台に次ぐ2位に相当する。三菱自では国内販売の約4割を占める主力車となっている。

489458 0 経済 2019/03/14 21:15:00 2019/03/14 23:28:07 2019/03/14 23:28:07 日産と三菱自が開発した新型軽自動車(岡山県倉敷市で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190314-OYT1I50089-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ