トヨタ、米工場に840億円投資…600人雇用

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 トヨタ自動車は15日、米国の車両工場などに7・5億ドル(約840億円)を新たに投資すると発表した。約600人を新規雇用する計画だ。ハイブリッド車(HV)などの生産能力を増強し、米国事業の競争力向上を図る。

 米ケンタッキー州の工場に約2・4億ドルを投資し、2019年5月から高級車ブランド「レクサス」のセダン「ES」の生産を始める。20年1月からは、スポーツ用多目的車(SUV)の「RAV4」のHVも生産する。

 このほか、エンジンや部品などを生産しているウェストバージニア州やアラバマ州などの工場の生産能力も増強する。トヨタは17年に、21年までの5年間で100億ドルを米国に投資すると発表していたが、同期間の投資額は130億ドル(約1・4兆円)に増えることも明らかにした。

489878 0 経済 2019/03/15 00:53:00 2019/03/15 01:15:41 2019/03/15 01:15:41

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ