日銀、金融緩和維持…「輸出・生産」を下方修正

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本銀行は15日、金融政策決定会合を開き、現在の大規模な金融緩和の維持を賛成多数で決めた。景気判断は「緩やかに拡大している」との判断を据え置いた。中国と欧州の景気減速を踏まえ、輸出や生産の判断を下方修正した。

 「輸出」は「増加基調」から「弱めの動き」、「生産」は「増加基調」から「弱めの動きだが緩やかな増加基調」へと変えた。

 先行きの日本経済については1月時点の「拡大基調が続く」から、「緩やかな拡大を続けるとみられる」に変更した。

 海外の景気判断は、「総じてみれば着実な成長」から、「総じてみれば緩やかに成長」に修正した。

 金融政策は、短期金利をマイナス0・1%、長期金利を0%程度に操作する政策を続ける。上場投資信託(ETF)を年6兆円買い入れるなどの資産買い入れの継続も決めた。当面の間、極めて低い長短金利を維持するとの政策金利のフォワードガイダンス(将来の運営指針)も変えなかった。

490354 0 経済 2019/03/15 12:02:00 2019/03/15 14:27:03 2019/03/15 14:27:03

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ