山手線の終電2時過ぎ、五輪期間の繰り下げ発表

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2020年東京五輪の開催期間中、深夜まで行われる競技の観客の移動手段を確保するため、大会組織委員会と東京都は15日、19鉄道事業者の計約60路線について、終電時間を30~90分程度遅らせると発表した。ダイヤの詳細は各事業者が検討や調整を続け、20年春にも公表する予定という。

 組織委によると、有明アリーナ(東京都江東区)など8か所の競技会場で、競技終了が午後11時以降となる。観客の移動手段は原則として公共交通機関となることから、組織委と都は、鉄道事業者とダイヤ変更について調整を続けてきた。

 発表によると、多くの観客が経由する都心部の路線については、JR山手線が午前2時過ぎまで運行するほか、東京メトロや都営地下鉄の全線でも1時間以上、終電時間を遅らせる。

 都心から郊外に放射線状に延びるJRや私鉄などの各路線は、主に下り路線で終電を遅らせる。適用期間は開会式がある7月24日から閉会式が行われる8月9日までを予定している。

491316 0 経済 2019/03/15 21:22:00 2019/03/15 21:22:00 2019/03/15 21:22:00

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ