仮想通貨の呼称、「暗号資産」に変更…閣議決定

[読者会員限定]
無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 政府は15日、仮想通貨交換業者の規制を強化する資金決済法や金融商品取引法などの改正案を閣議決定し、国会に提出した。仮想通貨の呼称を「暗号資産」に変更することも盛り込んだ。

 改正案では、業者が保管する仮想通貨について、サイバー攻撃などに備え、原則としてインターネットから遮断した状態で管理することを義務付ける。業務上やむを得ずネットに接続した状態で管理する場合には、流出に備え、弁済の原資となる仮想通貨をネットから遮断した状態で確保するよう求める。

492164 1 経済 2019/03/16 07:13:00 2019/03/16 07:13:00 2019/03/16 07:13:00

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ