タイヤの跡が広告になる自転車、ドコモが開発

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

動画はこちら

報道公開された走った跡が広告になる自転車「STAMP BIKE」(19日午前10時47分、東京都渋谷区で)=伊藤紘二撮影
報道公開された走った跡が広告になる自転車「STAMP BIKE」(19日午前10時47分、東京都渋谷区で)=伊藤紘二撮影

 走った跡が広告になる自転車「STAMP BIKE(スタンプバイク)」が19日、東京都渋谷区の複合施設「渋谷ストリーム」の広場で報道陣に公開された。

 携帯電話大手NTTドコモが開発。自転車に3Dプリンターで製作した空気の入っていない「エアレスタイヤ」とポンプを取り付けた。ポンプからタイヤに水が噴射され、ぬれたタイヤの跡がスタンプのように地面に残る仕組みになっている。

 報道陣が見守る中、スタッフが試作モデルの自転車をこぐと、チンパンジーやパンダ、シロクマなど地球温暖化の影響を受けている動物たちの姿とともに「しぜんをのこそう」というメッセージが路面に現れた。

 同社担当者は「水で描く広告を通して環境負荷の低減を啓発し、見た人に少しでも地球環境のことに思いを巡らせてもらえれば」と話していた。

497055 0 経済 2019/03/19 13:11:00 2019/03/19 13:29:17 2019/03/19 13:29:17 走った跡が広告になるNTTドコモが開発した自転車「STAMP BIKE」。自転車が通ったあとの路面には「しぜんをのこそう」のメッセージが浮かび上がった(19日午前10時47分、東京都渋谷区で)=伊藤紘二撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/03/20190319-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ