放送法違反、スカパー行政指導…契約書面送らず

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 総務省は19日、利用者への契約内容を記した書面の交付を怠るなど放送法に違反する行為があったとして、衛星放送のスカパーJSAT(スカパー)に対し、文書で行政指導を行ったと発表した。スカパーからの報告で発覚したもので、総務省は再発防止策の徹底を求めた。

 総務省によると、スカパーは2016年5月から18年10月に契約した約3000件で、契約書面を送付していなかった。18年12月に一部のサービスで値上げを行った際にも、約2500件で契約書面を送っていなかった。

 16年5月に施行された改正放送法では、有料放送の契約者に契約書面を渡すことが義務化されている。

498031 0 経済 2019/03/19 20:14:00 2019/03/19 20:14:00 2019/03/19 20:14:00

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ