対中制裁関税、すぐ撤廃は「ノー」…トランプ氏

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【北京=鎌田秀男、ワシントン=山本貴徳】中国の商務省は21日、貿易摩擦解消を目指す米国との閣僚級協議を、28~29日に北京で開催すると発表した。米国からは米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表、ムニューシン財務長官らが訪中する。4月初めには中国の劉鶴リウフォー副首相が訪米し、ワシントンで閣僚級協議を行う。

 米中両政府は1月以降、閣僚級協議を3回にわたって開いてきた。協議の成果を文書としてまとめる作業を進める一方、合意内容を順守させる仕組み作りや、これまでに発動した制裁関税の撤廃などを巡り、対立が続いている。

 中国側の発表に先立ち、トランプ米大統領は20日、中国からの輸入品にかけている制裁関税について、貿易協議で合意した場合でも、「かなりの期間、残すことを(政権内で)話し合っている」と述べた。

 トランプ氏は、ホワイトハウスで記者団から、中国との貿易協議が合意した際、制裁関税をすぐに撤廃する可能性について問われ、「ノーだ。撤廃は(政権内で)話し合っていない」と答えた。関税を残す理由として、「中国と取引するなら、中国が確実に実行するようにしなければならない」と説明した。「中国はこれまで約束の順守について、多くの問題があった」とも述べた。

 【北京=鎌田秀男、ワシントン=山本貴徳】中国の商務省は21日、貿易摩擦解消を目指す米国との閣僚級協議を、28~29日に北京で開催すると発表した。米国からは米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表、ムニューシン財務長官らが訪中する。4月初めには中国の劉鶴リウフォー副首相が訪米し、ワシントンで閣僚級協議を行う。

 米中両政府は1月以降、閣僚級協議を3回にわたって開いてきた。協議の成果を文書としてまとめる作業を進める一方、合意内容を順守させる仕組み作りや、これまでに発動した制裁関税の撤廃などを巡り、対立が続いている。

 中国側の発表に先立ち、トランプ米大統領は20日、中国からの輸入品にかけている制裁関税について、貿易協議で合意した場合でも、「かなりの期間、残すことを(政権内で)話し合っている」と述べた。

 トランプ氏は、ホワイトハウスで記者団から、中国との貿易協議が合意した際、制裁関税をすぐに撤廃する可能性について問われ、「ノーだ。撤廃は(政権内で)話し合っていない」と答えた。関税を残す理由として、「中国と取引するなら、中国が確実に実行するようにしなければならない」と説明した。「中国はこれまで約束の順守について、多くの問題があった」とも述べた。

無断転載禁止
500563 0 経済 2019/03/21 18:22:00 2019/03/21 19:15:04 2019/03/21 19:15:04

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ