飛行機内、申告用紙の記入不要に…成田で電子化

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

報道陣に公開された成田空港・税関検査場の電子申告端末。スマートフォンのQRコードとパスポートをかざすと簡単に申告が済む(3日)
報道陣に公開された成田空港・税関検査場の電子申告端末。スマートフォンのQRコードとパスポートをかざすと簡単に申告が済む(3日)

 財務省は15日から、成田空港で顔認証技術を用いた「電子申告ゲート」の運用を始める。税関検査場での携帯品の申告を電子化して待ち時間を減らし、混雑の緩和を図る。運用開始に先立ち、成田空港で3日、報道陣に公開された。

 入国者はこれまで、携帯品の申告情報を飛行機内で用紙に手書きしていた。それを職員に渡し、審査を受ける必要があった。

 電子申告では、事前にスマートフォンの専用アプリに必要な情報を入力し、QRコードを取得する。到着後、検査場の端末でパスポートとQRコードを読み取ると顔写真が撮影され、本人確認を行う。納税など追加の手続きがなければ、そのままゲートを通過できる。

 財務省は、羽田空港や関西空港など他の空港にも順次、導入する考えだ。当面の運用は日本人のみが対象となる。

無断転載禁止
521051 0 経済 2019/04/03 22:55:00 2019/04/03 22:55:00 2019/04/03 22:55:00 報道陣に初公開された成田空港・税関検査場の電子申告端末。スマートフォンのQRコードとパスポートをかざすと簡単に申告が済む(3日) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/04/20190403-OYT1I50081-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ