国内の食品ロス643万トン…3万トン減

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 農林水産省と環境省は、2016年度の国内の食品ロスが、前年度から3万トン減の643万トンだったとの推計値を発表した。

 両省の発表によると、16年度は、事業系の食品廃棄物など1970万トンのうち、返品や売れ残りなどで352万トンの食品ロスが発生。家庭から出る食品廃棄物は789万トンで、このうち食べ残しや廃棄などで291万トンの食品ロスが生まれた。

 国連で15年に採択されたSDGs(持続可能な開発目標)の一つに、30年までに、世界全体の1人あたりの食品廃棄を半減させることが盛り込まれ、国内でも「第4次循環型社会形成推進基本計画」で、家庭から出る食品ロスを30年度までに、00年度比で半減させる目標が設定されている。

無断転載禁止
536080 0 経済 2019/04/13 18:43:00 2019/04/13 19:32:26 2019/04/13 19:32:26

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ