EV新型車、各社が披露…上海モーターショー開幕

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

開幕した上海モーターショー(16日午前9時16分、中国・上海で)=安川純撮影
開幕した上海モーターショー(16日午前9時16分、中国・上海で)=安川純撮影

 【上海=小川直樹】世界最大級の自動車展示会「上海モーターショー」が16日、開幕した。中国政府が電気自動車(EV)などの製造・販売をメーカーに義務づける規制を導入してから中国で初めて開かれる大型モーターショーとなる。トヨタ自動車は2020年に投入するEVを世界初公開するなど各社は相次いで規制に対応した新型車を披露した。

 中国は年間新車販売台数が2800万台を超える世界最大の自動車市場だが、18年の新車販売台数は28年ぶりにマイナスを記録するなど市場の変調が鮮明だ。各社は、今回のショーを、将来の有望株であるEVや充電できるプラグインハイブリッド車(PHV)など新規制に対応したエコカーと、ガソリン車の販売増のきっかけにしたい考えだ。

 今回のショーには、世界20か国・地域から1000社を超える自動車関連メーカーが出展。25日までの期間中、100万人を超える来場者を見込んでいる。

539175 0 経済 2019/04/16 10:56:00 2019/04/16 10:56:00 2019/04/16 10:56:00 開幕した上海モーターショー(16日午前9時16分、中国上海で)=安川純撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/04/20190416-OYT1I50045-T.jpg?type=thumbnail

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ