米中、貿易摩擦解消へ詰め…5月下旬にも署名へ

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=山本貴徳】米ホワイトハウスは23日、貿易摩擦解消に向けた中国との閣僚級協議を30日から北京で行うと発表した。1月に始まった閣僚級協議は、今回で6回目となる。制裁関税の撤廃時期や合意内容を実行する枠組みづくりを巡り、詰めの協議を行う見通しだ。

 米国のライトハイザー通商代表部(USTR)代表とムニューシン財務長官が北京を訪れ、中国の劉鶴リウフォー副首相らと会談する。ホワイトハウスによると、知的財産権の保護や中国による技術移転の強要、非関税障壁などが議題になる。5月8日からはワシントンで協議を行う。

 両政府は残る課題で合意できれば、最終決着のため、5月下旬にもトランプ米大統領と中国の習近平シージンピン国家主席が合意文書に署名する可能性がある。

551924 0 経済 2019/04/24 11:08:00 2019/04/24 11:08:00 2019/04/24 11:08:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ