用地買収が難航、土中から壁…鉄道延伸3年延期

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪府北部を走る北大阪急行などは7日、千里中央駅(豊中市)から北側の箕面市への延伸について、開業目標を当初の2020年度から3年延期し、23年度にすると発表した。用地買収が長引いたことなどが原因という。

 同急行は府、阪急電鉄などでつくる第3セクターで、大阪メトロの御堂筋線と相互に乗り入れている。延伸は千里中央駅から北に約2・5キロの区間で、箕面市内に二つの新駅を建設し、20年度の営業開始に向け、16年11月に着工していた。

 同急行や箕面市によると、17年7月に終わる見込みだった地上部分の用地買収が18年12月にずれ込んだほか、延伸区間の土中から昔の道路のコンクリート擁壁などが出てくるなどして撤去が必要となったという。延伸にかかる総事業費は、費用抑制などを行うことで、当初予定の約650億円からは変わらないという。

無断転載禁止
571438 0 経済 2019/05/08 07:45:00 2019/05/08 07:45:00 2019/05/08 07:45:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ