中国は「ひどく打ち負かされた」…トランプ氏

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=山本貴徳】トランプ米大統領は11日、中国との貿易協議について、ツイッターに「私の2期目に交渉すれば、中国はさらに不利になる」と投稿し、中国に対して、早く譲歩するよう促した。

 トランプ氏は、中国が知的財産権の保護に向けた法改正などに消極的な姿勢に転じたことを念頭に、「中国は最近の交渉でひどく打ち負かされているので、2020年の大統領選を待ちたいと感じているのだ」と皮肉たっぷりに分析した。

 その上で、中国にとっての問題は、「私が再選することだ」と指摘し、交渉が長引く場合は、さらに圧力を強化する可能性を示唆した。「彼らは、いま行動した方が賢明だ」とも投稿し、歩み寄りを求めた。

 米国は10日、中国製品2000億ドル(約22兆円)相当への追加関税を10%から25%に引き上げた。残る全ての中国製品に関税を上乗せする手続きも始めた。

578785 0 経済 2019/05/12 11:37:00 2019/05/12 11:37:00 2019/05/12 11:37:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ