日本産食品の輸入規制撤廃求める…農相、中韓に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 吉川農相は12日、新潟市内で中国、韓国の農業担当相と相次いで会談し、東京電力福島第一原発事故後に続けている日本産食品の輸入規制の撤廃を求めた。

 中国は福島や宮城など10都県の全ての農産物・食品(新潟産米除く)の輸入を停止している。吉川氏は中国の韓長賦・農業農村相に、科学的根拠に基づいて早期に規制の撤廃を図るよう要請。両国間で協議を続けることを確認した。

 韓国の李介昊イゲホ・農林畜産食品部長官には、福島など8県産の水産物の輸入禁止措置を巡り、「規制の撤廃は被災地復興のための重要な課題」と伝えた。韓国の措置を巡っては、4月の世界貿易機関(WTO)の上級委員会で、是正を求める日本の主張が退けられた。

無断転載禁止
579225 0 経済 2019/05/12 21:40:00 2019/05/12 21:40:00 2019/05/12 21:40:00

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ