新「対中制裁関税」案、33兆円分…玩具・衣料

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=山本貴徳】米通商代表部(USTR)は13日、中国による知的財産権の侵害を理由とした新たな制裁関税の原案を発表した。玩具や衣料品など3805品目、約3000億ドル(約33兆円)相当の中国製品に最大25%の関税を上乗せする。

 消費者や米国企業への影響を最小限に抑える配慮から、6月17日に公聴会を開いて、品目を絞り込む。制裁発動を判断する時期は7月頃になる。

無断転載禁止
581545 0 経済 2019/05/14 08:14:00 2019/05/14 08:37:24 2019/05/14 08:37:24

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ