米ディズニー、フールーの経営権を完全取得

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=有光裕】米メディア大手ウォルト・ディズニーは14日、米動画配信サービス大手「Hulu(フールー)」の経営権を完全に取得したと発表した。フールーの株式の33%分を持つ米同業のコムキャストと合意した。2024年以降にコムキャストの保有株を買い取る方針だ。

 08年にサービスを始めたフールーの米国の契約者数は2500万人余りで、コムキャストの保有株の買い取り額は買収時に決定するが、最低でも58億ドル(約6300億円)とする取り決めをした。

 ディズニーは11月に独自の動画配信サービス「ディズニー・プラス」を米国で始める予定で、先行する米ネットフリックスを追い上げる体制を強化している。家族や子供向けに「ディズニー・プラス」を、大人向けに「フールー」を展開し、幅広い利用者の取り込みを狙う。動画配信サービスは米アマゾン・ドット・コムや米アップルも力を入れている。

584955 0 経済 2019/05/15 22:05:00 2019/05/15 22:05:00 2019/05/15 22:05:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ