中国製ドローンの使用に米警告、情報流出の恐れ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ワシントン=横堀裕也】米CNNテレビなどによると、米国土安全保障省が米企業などに対し、中国製のドローン(小型無人機)の使用について中国への情報流出の恐れがあると警告していたことが分かった。名指ししていないが、ドローン製造で世界大手の中国メーカー「DJI」が念頭にあるものとみられる。

 国土安全保障省は21日までに中国製ドローンに関する警戒情報を記したメモをまとめ、「機密情報が盗まれるリスクが増大する恐れがある。中国製ドローンの購入に慎重であるべきだ」などと指摘した。北米のドローン市場でのDJIのシェア(市場占有率)は8割近くに上るとされる。

 トランプ米政権は輸出規制などを通じて中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)への締め付けを強めており、中国製ドローンの規制も強化すれば、米中貿易摩擦を巡る新たな火種となりかねない。

無断転載禁止
595916 0 経済 2019/05/22 01:05:00 2019/05/22 01:05:00 2019/05/22 01:05:00

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ