本庶さんのオプジーボ対価上乗せ要求には応じず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 小野薬品工業は22日、ノーベル生理学・医学賞を受賞した本庶佑ほんじょたすく・京都大特別教授が求めている免疫治療薬「オプジーボ」の特許の対価の上乗せに対し、事実上、応じない姿勢を示した。本庶氏との「合意の下に締結した契約に基づき、今後も対価を支払っていく」とするコメントを発表した。

 オプジーボは2014年に発売され、全世界の売り上げは1兆円を超える。小野薬品は特許の対価として、契約に基づく約26億円に加え、100億円規模の上乗せを提案。一方、本庶氏側は「常識的な相場なら800億円以上」と主張している。小野薬品は代替案として京大への寄付を検討しており、「今後も話し合いを継続する」としている。

無断転載禁止
596857 0 経済 2019/05/22 19:47:00 2019/05/22 20:49:55 2019/05/22 20:49:55

おすすめ記事

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ