ルノーとフィアット・クライスラー、提携協議か

無断転載禁止
メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 【ニューヨーク=有光裕】AFP通信は26日、欧米自動車大手フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)と仏自動車大手ルノーが27日にも、経営統合を視野に入れた提携協議について発表する見通しだと報じた。パリの証券取引所で27日の取引が始まる前に、両社が連名で声明を出す方向という。

 経営統合については、実現の可能性を話し合っている段階だという。北米市場に強みを持つFCAと、欧州市場を収益基盤とするルノーには競合が少なく、提携効果が大きいと判断したとみられる。

 FCAは、伊フィアットと米クライスラーが経営統合して誕生した自動車大手。「アルファロメオ」や「マセラティ」、「ジープ」などを抱える。

 一方、ルノーは日産自動車、三菱自動車との3社連合を形成。今年4月には日産に経営統合を提案し、日産側は強く反発した。ルノーとFCAとの協議次第で、日産や三菱自との関係に影響が及ぶ可能性もある。

604342 0 経済 2019/05/27 00:06:00 2019/05/27 00:42:53 2019/05/27 00:42:53

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ