日清カップヌードル、プラスチック減の新容器に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日清食品は主力の「カップヌードル」について、プラスチックの使用量を減らした新しい容器に切り替える。容器を燃やす時に出る二酸化炭素(CO2)の量を現状より約16%削減できる。12月から順次切り替え、2021年度までに導入を終える予定だ。

 現在の容器の素材は約7割が植物由来で、石油由来のプラスチックを約3割使っている。「バイオマスECOカップ」と名付けた新しい容器は、植物由来の比率を8割まで高める。

 日清食品は今後、カップ麺や袋麺などの包装も環境にやさしい素材に切り替える考えだ。

無断転載禁止
633738 0 経済 2019/06/12 18:02:00 2019/06/12 20:10:36 2019/06/12 20:10:36

おすすめ記事

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ