レジ袋有料化、来年4月にも開始…世耕経産相

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 世耕経済産業相は15日、全国のスーパーやコンビニなど、小売店で使われるプラスチック製レジ袋について、早ければ来年4月から有料化を義務づける方針を表明した。同日、長野県軽井沢町で開幕した主要20か国・地域(G20)エネルギー・環境閣僚会合で明らかにした。

 世耕氏はG20会合の冒頭あいさつで、レジ袋有料化について、「来年のオリンピック、パラリンピックに間に合うタイミングである4月1日にも実施できるようにしたい」と述べた。日本が環境問題を重視する姿勢を内外に示す狙いがある。

 経産省は今後、関係する環境省、農林水産省などとの間で、有料化するレジ袋の範囲や素材の定義、小規模事業者の負担軽減策など、制度の詳細を詰める。有料化を早期に実現するため、関連法の改正ではなく、各省令の改正で対応する方針だ。

 日本国内で使われているプラスチック製レジ袋は、年間10万トンを超える。一部は河川や海に流れ、海洋汚染につながるとされる。有料化が義務づけられれば、小売店は買い物に訪れた消費者に有料でレジ袋を提供することになり、プラスチックごみの削減が見込める。

無断転載禁止
639241 0 経済 2019/06/15 13:02:00 2019/06/15 13:45:41 2019/06/15 13:45:41

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ