「びゅうプラザ」全店の営業終了、観光案内の拠点に

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 JR東日本が駅構内で旅行商品を販売する「びゅうプラザ」の全店舗の営業を2022年3月末に終了することがわかった。旅行予約サイトの台頭や人手不足が理由で、一部店舗は訪日客やシニア旅行客ら向けの観光案内などの拠点にする。

 びゅうプラザは1992年開業。2012年3月末時点で137店舗あったが、旅行予約サイトの成長もあり、今年3月末には56店舗に減った。8月末には中野駅など首都圏の7店舗が閉鎖する。JR東では人員不足も予想されており、全店舗での営業終了を決めた。

 ただ、首都圏主要駅や新幹線停車駅などの店舗は、外国人や高齢の旅行客らの増加に対応するため、観光情報発信や旅行相談窓口などの機能を持つ拠点に転換する。関係者によると、現在のびゅうプラザの半分の25か所程度となる見込み。

無断転載禁止
662438 0 経済 2019/06/28 20:24:00 2019/06/28 20:24:00 2019/06/28 20:24:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ