商業捕鯨31年ぶりに再開、釧路港で2頭水揚げ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

31年ぶりに商業捕鯨が再開し、釧路港を出発する捕鯨船(1日午前、北海道釧路市で)=松本拓也撮影
31年ぶりに商業捕鯨が再開し、釧路港を出発する捕鯨船(1日午前、北海道釧路市で)=松本拓也撮影

 日本の商業捕鯨が1日、31年ぶりに再開され、北海道釧路市と山口県下関市から捕鯨船が出港した。釧路港には同日夕、ミンククジラ2頭が水揚げされた。鯨肉は釧路市内などの市場に流通する見通し。

 日本は今後、南極海と北西太平洋で鯨の生態データを収集してきた調査捕鯨を取りやめ、日本の領海と排他的経済水域(EEZ)で商業目的の捕鯨を行う。ただ、南極海などで目視による鯨の調査は続ける。

 水産庁は1日、年間の捕獲頭数の上限(捕獲枠)を383頭にすると発表した。捕獲対象は、ミンククジラ、ニタリクジラ、イワシクジラの3種類。内訳はミンククジラ171頭、ニタリクジラ187頭、イワシクジラ25頭となる。

 捕獲枠は、国際捕鯨委員会(IWC)の算定方式に沿って計算された。調査捕鯨で捕獲していた年間頭数(637頭)の6割にとどまるが、今後は鯨の大きさなどの制約がなくなる。今年分は、6月まで調査捕鯨で捕獲した分などを除いて227頭とした。

 IWCは1982年、鯨が減少しているとして商業捕鯨の一時中止(モラトリアム)を決定。日本は88年に中止し、調査捕鯨を実施してきた。だが、豪州や欧米など反捕鯨国との溝は埋まらず、商業捕鯨を再開するためIWCを6月30日に脱退した。

無断転載禁止
665764 0 経済 2019/07/01 18:16:00 2019/07/02 00:32:58 2019/07/02 00:32:58 31年ぶりに商業捕鯨が再開し、釧路港を出発する捕鯨船(1日午前9時37分、北海道釧路市で)=松本拓也撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190701-OYT1I50024-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ