ミンククジラ初競り、スーパーに「100g598円」で並ぶ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

初競りを前にミンククジラの肉を品定めする仲買人ら(4日午前、和歌山県太地町で)
初競りを前にミンククジラの肉を品定めする仲買人ら(4日午前、和歌山県太地町で)

 31年ぶりに再開された商業捕鯨で捕獲されたミンククジラの肉が4日、和歌山県太地町の太地漁港で初競りにかけられた。町内の仲買人らが競り落とし、地元のスーパーではさっそく、新鮮な鯨肉が並んだ。

 再開初日の1日に、太地町漁協所属の「第7勝丸」が捕獲し、北海道・釧路港(釧路市)に水揚げされた雌のミンククジラ(約2・1トン、体長5・8メートル)。

 太地町にはこのうち66キロが空輸され、午前8時からの競りでは、仲買人10人が参加し、箱(約4~5キロ)に入った赤肉や胸肉などを競り落とした。「大ギレ」と呼ばれる赤肉片は、町漁協が運営するスーパーに100グラム598円(税抜き)で並んだ。

 午前8時半の開店と同時に訪れ、購入した同町の男性(67)は「色もつやもよく、おいしそう。昼に刺し身でいただきます」と笑顔だった。

 町漁協によると、1日にはミンククジラ計2頭が水揚げされ、和歌山や北海道、大阪、京都など6道府県に出荷されたという。釧路市の卸売市場でも4日、680キロが取引された。

無断転載禁止
672506 0 経済 2019/07/04 14:18:00 2019/07/04 14:18:00 2019/07/04 14:18:00 商業捕鯨で捕れたミンククジラの初競り(4日午前8時1分、太地町で)=山口景子撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/07/20190704-OYT1I50039-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ